英単語からアメリカがわかる【第5回】今回の単語「Alternative facts」

ホワイトハウスの報道官、ショーン・スパイサーの初回の会見は「トランプ大統領就任式は歴史上最大の観衆を集めた」という大嘘発表で始まりました。就任式会場の俯瞰写真からもDCの地下鉄利用者数からもトランプの就任式の観衆がオバマの就任式の観衆を下回っていたのは動かせない事実。既に就任式の不人気ぶりはメディアで大きく報道されていただけに、このあまりにも見え見えな嘘は多くのアメリカ人を唖然とさせました。さらにそれに追い打ちをかけたのが、報道官の嘘を追求されたトランプのアドバイザー、ケリーアン・コンウェイが言い放った名言(迷言)、alternative factsです。
 
alternativeというのは「代替の」とか「従来とは異なる」、「もう一つの」といった意味の形容詞です。よく使われる例としてはalternative medicineがあります。alternative medicineとは西洋医学に対して漢方などの東洋医学やハーブ療法などの伝承療法を指す言葉で、この場合、alternativeは「異なるアプローチの」といった意味合いになります。
が、alternative facts となると話は違います。fact(事実)にalternativeなんてあるわけありません。根拠のまったくない「史上最大の観衆」という報道官の発言を嘘と言わずに「alternative factsを発表しただけ」と言う無理やりな言い訳は、まさにケリーアン・コンウェイならでは。選挙期間中はトランプの問題発言の火消し役で大活躍していたケリーアン・コンウエイは、現在トランプ政権のアドバイザーとして、メディアとのコミュニケーションで重要な役割を担っています。臨機応変に追求をかわす頭の回転の速さと思わずのけぞるようなスーパー詭弁の力技で注目されるキャラです。
が、いかにケリーアンがクリエイティブであろうとも、alternative factsなんてことが世間に通用するわけはありません。#AlternativeFactsというハッシュタグはあっという間にネットをかけめぐり、リベラルジョークのネタになりました。そもそも就任式の観衆数などどうでもいいような問題ですが、そのどうでもいいことに、誰が見てもわかる嘘をつくこと自体が常識的な理解の範囲を超えています。理解できるのは、これからもホワイトハウス報道官の発表はalternative factsてんこ盛りであろうということだけです。

E-CATのスコアレポートでは、発音・正確さ・語彙・内容の4観点が数値化されます!

E-CATは、世界の英語スピーキング教育の拡大に貢献することを目指し、米国で開発された試験です。一人でも多くの方に受験していただくことで、話せる英語の普及につながります。ぜひご受験ください。英語が話せる日本と世界のために!

この記事が好きなあなたにはこの本がオススメ

新政権誕生に際し、やはり気になるのが経済の動きです。しかしこれまた難しい単語や専門用語が多数飛び交います。せっかくならこれを機会にビジネス英語を覚えてみませんか。明日からの新聞が待ち遠しくなりますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加