whether

世界共通の話題「お天気」

海外旅行好きや、国際的なビジネスマンならご存知の通り、あまり親しくない人同士では、まずお天気について話して緊張をほぐすのが超定番です。

しかし、意外と知らない単語が出てくることがあるんです。

今回は、外国で目にする省略表記いっぱいのお天気図をご紹介。
どのくらいお天気について語ることができるかをチェックする「天気図テスト」もご用意しました!!

海外出張中に突然の雨でスーツが台無し!! なんて、やっぱり嫌ですよね。
ぜひチャレンジしてみてください。

●この記事はこの書籍を参考にしています「「英語IQ」テスト」

天気図省略表記の正式名称を答えるテスト

みなさん、下のイラストのような天気図を目にしたことはありますか?

英語圏の天気図 (weather map) は、省略表記で記載されることがしばしば。

例えば、“C” は Cloudy「曇り」の省略表記です。

それでは、問題!!

これらの省略表記の正式名称は? 答えはこの記事の最後をご覧ください。
(○にはアルファベットが1 つずつ入ります)

① F ○○
ヒント:「霧(きり)」

② I ○○
ヒント:「厳寒(げんかん)」

③ R ○○○
ヒント:「雨」

④ Sh ○○○○ s
ヒント:「にわか雨」

⑤ T ○○○○○ s ○○○○ s
ヒント:「雷雨」

その他の知っておくと便利な天候の省略表記と英単語

H → Haze「もや」;High「高気圧」Low「低気圧」

S → Sun「晴天」

Sn → Snow「 雪」

SS → Snow Showers「吹雪(ふぶき)」

W → Windy「強風」

PC → Partly cloudy「時々曇り」

MC → Mostly cloudy「ほとんど1 日中曇り」

お天気の定番英語フレーズ

“How is the weather today in America?”
今日のアメリカの天気はどうですか?

“What’s the weather like tomorrow?”
あすの天気はどうですか?

“Weather shown as expected at mid afternoon on Wednesday.”
この天気図は水曜日の午後3時前後の予想です

weather

テストの答え

Fog:「霧」

Ice:「厳冬」

Rain:「雨」

Showers:「にわか雨」

Thunderstorms:「雷雨」


最近だと絵が用いられていることが多いですが、きちんと読めるに越したことはありません。また温度表記も大きく異なります。
日本は摂氏”Celsius”(℃)表記ですが、アメリカは華氏”Fahrenheit”(°F)表記です。

・15℃ = 60°F
・32℃ = 90°F
ちなみに、CelsiusもFahrenheitも、「〜度」は、”degrees”です。(15℃は、”15 degrees”と言います)

いきなり、気温が60度だなんて言われたらびっくりしますよね。

海外出張の前には、天気予報をチェックしてスモールトークに花を咲かせましょう!!
それではみなさん、良い旅を!!


アメリカ生活に興味がある人はこの記事もチェック

多民族国家だからこそ自己主張!待っていてはチャンスは来ない!

ビジネスシーンで待ち合わせ。英語の前置詞でこんなに違う!

十人十色。ガリレオの名言は今の世に何を遺したのか? 

世界で成功しているビジネスマンはみんな読んでいます!

【安コーチ道場】音読の鬼が音読を熱く語る!失敗しない音読の鉄則!

世界は常に動き続ける。まだトランプ大統領の話をしているんですか?

我が国を語ろう!越前和紙、越前がに、若狭湾!さあ、県の名は?

世界で通じる英語を習得しよう!忙しいあなたもお家でできるスピーキングテスト!

e_cat

アメリカ生活を本気で考えているあなたはこの本

english_book

 


このエントリーをはてなブックマークに追加