音読で英会話力は本当に身につくのか?【安コーチ英語道場】

音読で英会話力は本当に身につくのか?【安コーチ英語道場】
March 4, 2017 Ism Editor

音読で英会話力は本当に身につくのか?【安コーチ英語道場】

会話力をアップさせる音読学習

なりきり音読で自分の言葉に変える!

英語の音読学習は、書いてある文字を受動的に理解するだけで終わる可能性があります。それだと、読解やリスニングは得意になりますが、英語を書いたり話したりできるようにはなりません。実際の英会話が1人ではできないのは当然ですが、音読で実力をアップさせることはできます。ここで私がまずおすすめしたいのは、「なりきり音読」です。やり方はカンタン。映画やドラマなどの好きな役になりきって、そのセリフを音読するだけです。

ただ、作品選びは重要です。ポイントは「何度でも観たくなるほど好きな作品」であるということです。ジャンルとしては、初級者であれば、ほのぼのとしたファミリーエンタテインメントものをおすすめします。たとえばドラマ『フルハウス』や映画『ホーム・アローン』のような、ホームコメディがいいですね。好きになった人物やセリフをまねて、何度も音読してみましょう。

カンタン暗唱音読トレーニング

そしてもう1つおすすめなのが、暗唱音読です。ノンネイティブスピーカーの私たちにとって、英語を話す・書くということは、「すでにある正しいものをまねて、組み合わせて、自分の言いたいことを表現する」ということです。それには、ネイティブスピーカーが書いたものを暗唱するのが、下準備として極めて有効なのです。

やり方はいたって単純。文字を見ながら1度読んだ後に、文字を見ずに繰り返して言うだけです。そうすることによって、英語を話す素地を身に付けられるのです。この本でのトレーニングに慣れてきたら、全文暗唱に挑戦してみるのも、スピーキングの大変いい訓練になります。

音読は、英会話の基礎作りにも役立つのです。

※この記事はJリサーチ出版から発売中の「ゼロからスタート正しい音読学習(安河内哲也・ミッキー・エイコーン著)」に掲載されている内容を編集して作成されたものです。実際の英語を使った練習はこの本を使ってやってみてくださいね。


E-CATは世界基準のCEFRに照らして発話能力がわかります!

E-CATは、世界の英語スピーキング教育の拡大に貢献することを目指し、米国で開発された試験です。一人でも多くの方に受験していただくことで、話せる英語の普及につながります。ぜひご受験ください。英語が話せる日本と世界のために!


この記事が好きなあなたにはこの本がオススメ