子ども


始めに


なにかを成し遂げるためには、
まず初めの一歩を踏み出さねばなりません。

英語学習やダイエット、資格試験の勉強など
大変そうだから……。時間がないから……。
と理由をつけて何もしない人がちらりほらり。

しかしそれではなにも変わらないのです。

この記事は、
著名な方の名言を紹介し、それを元に
あなたの英語に磨きをかけるためのものです。

今回紹介する方は、
小さな一歩の大切をもっともよく知る人物です。

さあ、私たちと一緒に新たな1歩を踏み出しましょう!!

▷この記事はこの本を参考にしています◁


今回の有名人


アームストロングニール・アームストロング / Neil Armstrong (1930–2012)

1969年7月20日、人類で初めて月面着陸に成功した人物。その際に発した、「That’s one small step for a man, one giant leap for mankind.(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。)」という言葉は非常に有名。当時、彼の知名度は非常に高く、アポロ11号、月面着陸、アームストロングという言葉は日本にも広まった。彼の偉業は高く評価され、アメリカのみならず、日本からも文化勲章が贈られている。


英語のトレーニング


STEP1 リスニング

まずは聞いてみましょう。
全ての音を聞き取れればよいですが、そう出ないことが多いはずです。
理解できなかった単語は、
自分なりに聞こえた音をメモしておきましょう!!

STEP2 リーディング

Listeningの段階でメモが残っている人は、
その音がどの単語なのかを見つけておきましょう。

単語そのものを知らなかったのか、
発音を知らなかったのか、

自分がどのような理由で聞き取れなかったのかを
分析して、あとは何度も聞いて、聞き取れるまで練習!!

そこまでできたら、次はReading。
英文の順番で理解できますか?
わざわざきれいな日本語にする必要はありません。

知らない単語はどんどんインプット!!

I believe every human has a finite number of heartbeats.
あらゆる人間の心臓の鼓動数には、限界がある。

I don’t intend to any of mine.
わたしは、鼓動の1回たりとも、無駄に費やすつもりはない。

Life is short.
人生は短い。

Don’t waste it!
無駄にする時間はない!

Every minute, every hour, and every day is precious.
その1分、1時間、1日が貴重な宝である。

Some of us will live for many years.
長生きする人もいれば、

Others will die young.
若くして亡くなる人もいる。

We don’t know which is our fate.
自分がどちらの運命なのかはわからない。

Some of us will have time to say “goodbye” to the people and things we love.
愛する人や愛するものたちに最後の別れを告げる時間がある人もいれば、

Others will die suddenly; there will be no time to prepare or say “goodbye.”
何の準備もできず、「さよなら」を言う時間もないままに、突然、命を落としてしまう人もいる。

So don’t waste your time!
だから自分の時間を無駄にしないこと。

Make every moment—every beat of your heart—count.
一瞬一瞬―心臓の鼓動のひとつひとつ―を大切にしよう。

Live your life as fully and completely as you can.
精一杯人生を満喫しよう。

●トレーニングの成果を知るために、英語のスピーキングテストで英会話レベルを測ろう●

speaking_english
英語が話せるようになるテストE-CAT(イーキャット)のすべて-スーパーコンピューターの彼女と英語猫編


このエントリーをはてなブックマークに追加