ネルソン・マンデラの名言で学ぶ英語【音声付】

ネルソン・マンデラの名言で学ぶ英語【音声付】
January 12, 2017 Ism AD

ネルソン・マンデラの名言で学ぶ英語【音声付】

1日たった3分!英日対訳で味わう世界の名言

★スクロールすると日本語訳があります★

A leader . . . is like a shepherd. He stays behind the flock, letting the most nimble go out ahead, whereupon the others follow, not realizing that all along they are being directed from behind.

Nelson Mandela  / President of South Africa and Nobel Peace Prize winner
 (born 1918)

According to the dictionary, the verb to lead means “to guide on a way, especially by going in front.” That definition is correct. We usually think of leaders at the front, shouting to the group: “Come this way! Follow me! Do what I do!”

However, the most successful leaders don’t always lead from the front. Sometimes it is smarter for a leader to lead quietly from behind. In these situations, a leader is like a shepherd, guiding his sheep or goats. The shepherd lets the smartest, strongest animals go first. Then the others happily follow.

From a distance, it may look like there is no real leader. But in reality, the shepherd is still leading. He is guiding his flock quietly and carefully from behind.

指導者とは、羊飼いのようなものである。最も機転の利く者に先頭を歩かせ、残りの者をその後に従わせ、自分は群れの一番後ろにいる。だれも後ろから導かれていることに気付かない。

ネルソン・マンデラ / 南アフリカ大統領(1918~)

辞書によると、「指導する」とは「特に道の先頭に立って、教え導くこと」とある。この定義は間違ってはいない。普通なら、「指導者」といえば、グループの前に立って、「こちらに来なさい。私についてきなさい。私のするとおりにしなさい」と言っている人を思い浮かべる。

しかし、最高の指導者は、前から導くばかりとは限らない。時として、後ろから静かに導く方がいいこともある。この場合、指導者は、羊やヤギを率いる羊飼いのような存在である。羊飼いは、一番賢くて強い動物を先に歩かせる。そうすれば、後の動物は喜んでついていく。

遠くから見ると、そこには本当の指導者はいないように見えるかもしれない。でも実は、羊飼いが絶えず率いている。羊飼いは後ろから、静かに、そしてしっかりと、自分の群れを率いているのである。


E-CATは米国で作成されていて世界でも使用されている試験です!

E-CATは、世界の英語スピーキング教育の拡大に貢献することを目指し、米国で開発された試験です。一人でも多くの方に受験していただくことで、話せる英語の普及につながります。ぜひご受験ください。英語が話せる日本と世界のために!


この記事が好きなあなたにはこの本がオススメ

言葉とはどうしてこうも人を突き動かすのだろうか。世界が変わる時、そこには常に演説者がいた。何を思い、何を願い、何を訴えたのか。熱い男たちの魂の叫びを、音声とともに。