あなたの建前。外国人にはこう思われています!!【えいご人の常識】

あなたの建前。外国人にはこう思われています!!【えいご人の常識】
February 24, 2017 Ism AD

あなたの建前。外国人にはこう思われています!!【えいご人の常識】

JAPANESE

I was just using polite rhetoric, but they thought it was my real feeling.

FOREIGNER

How come she always complains afterward?

日本人:建前で話したら、それを本気にされた。
外国人:いつもどうして後で文句を言ってくるの?

「場」を選んでコミュニケーションする目的は、より個人的な関係の中で、相手と本音で意見交換することにあります。

人の本心を示す「本音」と外交辞令や公でのスタンスを示す「建前」は、日本人のコミュニケーショ ンスタイルを理解する上で、重要な概念です。日本人は、場と相手によって、本音と建前を微妙に使い分け、意見交換をします。それは全ての人と「和」を保つためのテクニックであり、人とストレスなく円滑に交流するためのノウハウなのです。

本音と建前に関する外資系企業の話です。日本の担当者がいろいろと細かい注文やクレームばかり本社に言うので、本社の担当者が気になって日本にやってきました。顧客に会って、そのニーズを聞こうとしたのです。

ところが、いざ顧客に会って見ると、あたかも何も問題がないかのごとく、ニコニコと応対され、問題ないですよ、ありがとうと言うのです。本社から来た担当者は戸惑うばかり。日本の営業員はなぜあんなに文句ばかり言ったのだろうと、不思議に思ったのでした。

この場合、日本人の営業員と顧客とは「本音」で情報交換し、日本人の顧客は本社からの担当者に「建前」で応対したわけです。本音を交せる「内」と建前で動く「外」の状況(次項を参照)が微妙に交錯した日本ならではのコミュニケーションスタイルといえましょう。

もし、外国から来た担当者が、顧客と夕食でも共にして、一緒にお酒でも飲めば、少しは本音を聞き出せたかもしれません。そんなオリエンテーションを日本人の営業員が行って、さらに顧客とのそうした場の設定をしておくことは、とても大切なことなのです。

そして、せめて営業員と顧客との本音での会話に、海外からの担当者をいれてあげたいものですね。


E-CATなら英会話のレッスンの成果が数字でわかります!

E-CATは、世界の英語スピーキング教育の拡大に貢献することを目指し、米国で開発された試験です。一人でも多くの方に受験していただくことで、話せる英語の普及につながります。ぜひご受験ください。英語が話せる日本と世界のために!


この記事が好きなあなたにはこの本がオススメ

英語が話せるだけでは、真のグローバル人材にはなれません!!文化や、宗教の違いを踏まえ、コミュニケーションを取ることが必要になってきます。ビジネスの場で必要な知識が詰まったこの本をぜひあなたの手に!!