《特集》国際社会の政治と英語

《特集》国際社会の政治と英語
July 23, 2017 Rikka
Featured

《特集》国際社会の政治と英語

2017年、各国では数多くのドラマが繰り広げられています。
アメリカのトランプ大統領就任、フランスでは最年少首相が誕生し、また、イギリスのEU離脱と連続で発生したテロ事件。フィリピンの戦争、北朝鮮の核兵器・・・。

この夏、海外旅行に行く前に、それぞれの国と国がどのような関係性をもっているのかを知っておくと、さらに意味の深い旅行になるかもしれません。

英語は、国際社会を支える基盤の一部分。
ビジネスシーンでの英語力も向上させることのできる、働く大人必読の特集です。

「国際社会の政治と英語」記事一覧


世界よどこへ。G20解説-揺らぐトランプ政権とロシア、中国との冷戦

g20_politics
It was a signal that Trump has become comfortable in his role as a global agitator — even as fellow leaders openly lament his moves on climate and trade.
他のリーダーが環境や貿易での動きに懸念を隠さないなか、トランプはグローバルアジテータ※としての自ら役割に馴染んできているのかもしれない。・・・>>


入国禁止令がU.S最高裁で容認された背景にある「トランプ大統領の持つ大いなる権限」とは 

President Donald Trump
“The Supreme Court Monday allowed part of President Donald Trump’s travel ban to go into effect.”
連邦最高裁判所は、月曜日にトランプ大統領の入国禁止の大統領令の一部を容認-CNN Newsより 今日、思わぬニュースが飛び込んできました。
トランプ大統領の中東7カ国からの入国を制限した大統領令について、・・・ >>


イランでのロハニー大統領再選が浮き彫りにした、全世界に広がる世論の共通点とアメリカの外交戦略

Rouhani on pace to win re-election in Iran
Rouhani on pace to win re-election in Iran.イランでロハニー氏が順調に再選されるーNew York Timesより
移民パワーを知らずしてアメリカは語れない アメリカの世界戦略を理解することは、英語を学ぶ人にとって、海外の人との話題についてゆく上でも大切なことです。
今回はイランでの大統領選挙のニュースを例にとって、解説をしてみましょう。・・・>>


〜英語が話せる日本と世界のために〜

《楽しみながらたった30分で受けられる「国際英語検定試験E-CAT」のご紹介》
E-CATは世界の英語スピーキング教育の拡大に貢献することを目指し、米国で開発された試験です。
一人でも多くの方に受験していただくことで、話せる英語の普及につながります。
ぜひご受験ください。
english_test