「私の英語は本当に正しいの?」「発音が間違っていない?」英語悩みあるあるです。しかし、実際英語がペラペラな人はそんな事、気にしていませんよ!英語の初級者からペラペラビジネスマンまですべての人に通ずる「英語を話すときの心得」を紹介します!

この記事はこの本を参考にしています

english_book

 

自分なりの英語でええじゃないか!

移民や多人種の集まる多様な社会では、話し手が様々なアクセントやイントネーションを持ってスピーチを行うことは当たり前のことです。従って、聞き手はちゃんと理解できていることを話し手に送る責任を自然と担っているのです。ですから、わからないときは、相手の話の途中でもどんどん割り込んでチェックしたり、質問したりしていいということになるのです。

meeting

みんな違ってみんないい!

この前提を踏まえた上で、今度はあなたが話し手になったときのことを考えましょう。つまり、あなたが英語で何かを喋ったとき、相手がもしあなたの言っていることがわからないとき、相手はあなたの話の腰を折ってでも、確認のために割り込んでくることが考えられるのです。時には、話に割り込んできた上に、自分の意見や話題をどんどん喋り出し、会話の方向が全く違う方向に行ってしまうことも、多いに考えられます。話し手は、自らの言いたいことを意識しながら、会話をしっかりとコントロールしていかなければなりません。理解するのは聞き手の責任。会話をコントロールするのは話し手の責任なのです。相手がどんどん話に割り込んでくることは、決して失礼なことでも、あなたを見下しているためでもないのです。聞き手の当然の権利として、チェックを入れ、時には自分の意見を述べたりしているだけなのです。

リラックスこそ最大の敬意

さらに知っておきたいのは、会話をするときの姿勢です。欧米では、ビジネスなどで話をするときも、できるだけリラックスした態度で会話にのぞみます。足を組んで、ゆったりと椅子に腰掛けて、手は頭のうしろで組んだりして、日本人から見れば横柄に思える態度をとったりします。しかも、そうした姿勢で、相手が話をしているときに割り込んだりするものですから、日本人であるあなたはびっくりしてしまいます。昔の映画などによくある、警察の捜査官の前にいる容疑者のような気持ちになってしまうのです。その上相手は英語が母国語。どんどん相手のペースにはまっていきます。

meeting

【みなさんゆったりしてますね〜♫】

そもそも日本では、聞き手が話し手に敬意を払おうとするときに、姿勢を正して、相手の言うことを最後までちゃんと聞こうとします。これも日本人ならではの「型」の発想によるものです。あくまでも日本人の日本の中での常識に過ぎないのです。敬意の払い方一つにしても、世界には様々な行動様式があることを知っておきましょう。欧米では話し手の話す内容に興味を持っているからこそ、積極的に話し手に働きかけます。そして、相手を威圧せずにカジュアルに話そうとするからこそ、日本人から見れば威圧的に見えさえするリラックスした姿勢に終始するのです。ですから間違っても「アメリカ人は横柄だ、結局我々は見下されているんだ!」などと思わないようにしてください。

日本人 カテゴリー 外国人
姿勢は正しく 姿勢 リラックスした姿勢
最後までちゃんと聞こう 聞き方 話の腰を折って、割り込む

すごい!真逆ですね!

すぐに使えるフレーズはこれだ!

①あなたの言っていることがわからずに、チェックを入れてきたとき

Oh, I am sorry. What I meant is …

(おっとごめんなさい。私の意味していることは…なのです。)

Oh, I am sorry. What I meant is different.

(おっとすみません。私の言いたいことはそうではありません。)

②相手がどんどん自分の意見を述べはじめ、こちらの言いたいことから話題がそれそうなとき

Just a second. Let me continue.

(ちょっと待って。話を続けさせてください。)

Just a moment. Let me continue speaking. I will ask your opinion later.

(ちょっと待ってください。話を続けさせてください。あとであなたの意見を聞きますから。)

 

③欧米の人は日本人よりも沈黙を嫌います。しかし、考える時間が欲しい

Hum … Well, let me see … My point is …

(うーん。そうですね。考えてみましょう。つまり私の言いたいことはですね。)

Well, just second. Let me think.

(うーん。ちょっと待ってください。考えてみましょう。)

Just a moment. I need some time to consider.

(ちょっと待って。考えさせてください。)

 

④言いたいことを強調したい

Let me tell you my point. I would like to ….

(私の言いたいことは、…ということです。)

Let me tell you my point. I would like to say ….

(私の言いたいことはですね、…ということなのです。)

Let me repeat my point. I think it is really important to ….

(もう一度私の言いたいことを繰り返すなら、…はとても大切だということです。)

英語は勉強するものではなく楽しむものです♫まさに【のんびり英会話カフェ】そのものですね!お茶を片手に会話を楽しんで下さい。

外国人イケメンともっとお話したい方はこの記事をチェック!

イケメン講師Leon先生オススメ!マル秘スポットとは?

Mr. のんびり屋のプーさんで学ぶ英語

イケメンとのスクールライフも夢じゃない!?

オトナ女子におすすめの学習記事はコチラ!

安コーチ英語道場〜オンライン英会話編〜

かわいいだけではオトナじゃない!アメリカの人気ワードとは?

手に職をつけたい人にもってこい!有子山式勉強法

イケメン外国人に話しかける感覚でスピーキング力を試すE-CATを受けよう!

e_cat

もっと話す練習をしたい人はこの本

english_book

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加