次に覚えておきたいことは、相手が喋っているときにわからないことがあれば、Excuse me! と言って、相手の話を遮ってでも、その場で相手の言いたいことを確認するということです。

相手の話の途中に、積極的に自分の英語力の不足する部分を補うための協力を要請するのです。このような態度は、日本人には無遠慮で失礼なことのように思えるかもしれません。しかしこのことが、むしろ相手には「積極的に話そうとしている」というように捉えられ、重要なのです。

英語の環境では相手が喋っている途中に、相手の話を止めて自らのニーズを言うことは何も問題ないのです。必要ならばどんどん話の腰を折っていきましょう。わからないときは、その場で会話を止めましょう。後になってわからなかったことを聞き返すほうが、「聞いていなかったのかな?」と相手にがっかりされてしまいます。

chair

ペラペラフレーズ

Just a second, please. Could you repeat that?

すみません。ちょっと待って。もう一度言ってくれませんか?

Sorry, I didn’t catch that.

ごめんなさい。よくわかりませんでした。

I’m not a native speaker. Could you say that again?

英語は私の母国語ではありません。もう一度言ってください。

I’d like to understand you more clearly. It’ll save time later if you could repeat that.

もっと明解に理解したいのです。後になって時間を無駄にしたくありません。もう一度言っていただけますか?

Please speak slowly and use simple language because it is very important for me to understand what you are saying.

どうかゆっくり話してください。簡単な言葉で。あなたの話していることを理解することは、私にとってとても大切なことですから。

ホッとひと息

逆に、英語を母国語とする人には、ゆっくりと話したり簡単な単語を使うことは、相手を子供扱いにしていると誤解されるのではという危惧があることを知っておきましょう。それは、もしあなたが日本語で相手にゆっくりと話をする場合のことを考えれば明白です。誰だって、大人に対して幼稚園の園児に向かって喋るように話をすることには気兼ねするはずです。ですから、あなたからちゃんと理由を表明してゆっくり喋ってもらおうとしない限り、相手はあなたを尊重するからこそ、普通のスピードで喋り続けるのです。

いかがでしたか?相手の立場になって考えるのは決して相手のためだけにあらず!ペラペラ話す友達をちょっととめて、あなたも英会話を楽しんで下さいね♫それでは、また水曜日にお会いしましょう♫

e_cat

英会話をもっと楽しみたいあなたはこの記事も読んで下さい!

スカイプ英会話活用法①

スカイプ英会話活用法②

リスニングでもっと楽しくなる!

この記事が好きなあなたにはこの本がオススメ

english_book

ペラペラ話すために文法や単語も大事ですが、英熟語を覚えておくとバリエーションが増えて、会話に幅が出るってご存知でした?


このエントリーをはてなブックマークに追加